鍵のトラブルは鍵開けの専門業者へ依頼して解決しよう

男性

証拠が示せる防犯対策

セキュリティカメラ

離れていても安心

個人や家屋などターゲットを絞った犯罪が多くなる中、存在感を見せているのが防犯カメラです。以前のようなカセット録画ではなくデジタル化され、SDカードといった大容量タイプも選択できます。証拠が示せない犯罪は警察も動きが鈍いため、防犯カメラによる録画は必須ともいえるでしょう。近年では防犯カメラの性能が飛躍的にアップし、録画ばかりでなくアプリを利用して離れた場所からも確認できます。空き巣被害にも有効ですので、外出や出張で留守が多い場合は導入すると安心です。侵入を確認してすぐに通報し、録画された内容を証拠として示せば警察も動きやすくなります。また、子供やペットの連れ去り犯罪も増加しているため、外出時や旅行中の確認用としても重宝するのです。

設置前に確認を

防犯カメラは高画質が良いといわれていますが、アナログタイプの性能も向上しています。抑止効果を期待して防犯カメラを導入する場合、安価なアナログタイプを検討してみるのもひとつの選択肢です。ダミーカメラと違って録画もできますので、侵入が発生した際にはさらに効果を発揮することでしょう。種類で性能の異なる防犯カメラですが、効果を左右するのが設置場所です。犯罪は夜間の発生が圧倒的に多いため、暗くて映っていなかったのでは意味がありません。動きを感知してライトを点灯する機能のほか、赤外線のように暗視カメラも選択できます。逆に昼間の場合は逆光を考慮する必要があるため、業者に依頼したり設置前に日光の動きを確認しておきましょう。